プロフィール

Author:Chiemi Okamura (RA)
 もともと翻訳/通訳のビジネスを生業としていましたが、ハワイの不動産セールスパーソンのライセンス取得クラスで使用するテキストを翻訳したのをきっかけに、またライセンスを復活させました。

 二足の草鞋も時には脱げそうですが、ハワイの不動産情報を中心に、ハワイでの色々な生活を綴ってみたいと思います。

携帯電話: 808-282-1033
Eメール: chiemiok74@gmail.com

所属不動産会社

James Kometani Inc.
1259 S.Beretania St, Suite #5 Honolulu, HI 96814

リンク

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

市況

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

所変われば(2)


(日本の友人が送ってくれた写真)

昨日の続きで、日本の不動産売買とハワイの不動産売買の違いです。



不動産売買は、好みの物件を探して、あちこち不動産会社回りから始まる。



不動産会社によって紹介物件が異なるわけではなく、MLSというシステムで全ての物件が一元管理されている。



エージェントが全員ライセンスを有しているわけではなく、会社員として一定の固定給が支払われている。



エージェントは全員ライセンスを有していなければならず、固定給を支払っている会社はごく少数で、殆どがコミション制。



エージェントに対するコミションは、売主は売り主側のエージェントに、買主は買主側のエージェントにそれぞれ支払う。



売主が、全コミションを負担し、これを売り主側と買主側の不動産会社で折半し、実際に取引に関わったエージェントにそれぞれの会社から支払われる。



エスクロー会社というものがなく、どこかの時点で売主と買主が顔を合わせることが必要。



売主と買主の中間に、中立のエスクロー会社が介入し、登記と金銭の交換を行うので、売主と買主が顔を合わせることが不要。

等々。

色々な違いがあります。

我々は、とかく自分の尺度で物を考えがちですが、やはり外国のことですので、確認を取りながら進められることをお薦めします。


ブログランキングに参加しています。
クリックして応援お願いします!。

チエミの知恵袋

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

<< これって変かしら? | ホーム | 所変われば、 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム