プロフィール

Author:Chiemi Okamura (RA)
 もともと翻訳/通訳のビジネスを生業としていましたが、ハワイの不動産セールスパーソンのライセンス取得クラスで使用するテキストを翻訳したのをきっかけに、またライセンスを復活させました。

 二足の草鞋も時には脱げそうですが、ハワイの不動産情報を中心に、ハワイでの色々な生活を綴ってみたいと思います。

携帯電話: 808-282-1033
Eメール: chiemiok74@gmail.com

所属不動産会社

James Kometani Inc.
1259 S.Beretania St, Suite #5 Honolulu, HI 96814

リンク

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

市況

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

不動産名義の注意点



先日、「ハワイ投資家のための相続セミナー」というセミナーへ参加しました。

その中でも講師の先生が話されていましたが、購入する不動産の「名義」には注意が必要です。

名義は夫だけ、夫がなくなれば名義は妻に移行するというのが日本でよくある名義形態です。

しかし、海外の不動産を購入するに当たって非居住者単独名義の場合、その名義人が亡くなられると検認裁判所の管轄となって、物件がしばらく凍結されたり、かなりの税金を徴収されるとあって、「ジョイントテナンシー」(夫婦共同名義)にされる方も結構いらっしゃいます。

しかし、問題は資金の出所。

実は資金は夫だけから出ているのに、「ジョイントテナンシー」にしてしまうと、妻の持分は贈与税の対象となります。

送金前に日本で夫婦間金銭貸付契約を結んでおくことが必要です。


ブログランキングに参加しています。
クリックして応援お願いします!。

チエミの知恵袋

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

<< 常夏の果物 | ホーム | 8月のホノルル不動産動向 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム