プロフィール

Author:Chiemi Okamura (RA)
 もともと翻訳/通訳のビジネスを生業としていましたが、ハワイの不動産セールスパーソンのライセンス取得クラスで使用するテキストを翻訳したのをきっかけに、またライセンスを復活させました。

 二足の草鞋も時には脱げそうですが、ハワイの不動産情報を中心に、ハワイでの色々な生活を綴ってみたいと思います。

携帯電話: 808-282-1033
Eメール: chiemiok74@gmail.com

所属不動産会社

James Kometani Inc.
1259 S.Beretania St, Suite #5 Honolulu, HI 96814

リンク

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

大家族 対 核家族


(本日のホノルルスターアドバタイザーより)

ホノルルの不動産価格の高騰は、投資家だけでなくローカルの生活にも大きな影響を及ぼしています。

そもそも、ハワイは、米国本土と比べてお給料が低め。

しかし、不動産(土地が潤沢にない)や食品(本土からの輸送費分で割高)は高め。

不動産を、購入するにも価格が高すぎ、賃貸するにも家賃が高すぎるのです。

そこでどんなことが起きるかと言うと、「複数の家族(血縁関係の有無にかかわらない)が1所帯に住む」ということが起こります。

その割合は、世帯数に対し、ハワイでは11.6%、8.2%という2位のカリフォルニアを大きく離しています。

4ベッドルームの家に何と20人近くで住んでいる世帯もあるようです。

このように詰め込み状態になると、喧嘩も起こるようになるし、ストレスも溜まるもの。

しかし、悪い面だけではありません。

例えば、子育てを一人で行うのは大変ですが、「手代わりがある」ということは、色々な面で助けになるもの。

両親から学べない物も、お爺ちゃん、おばあちゃんから教わることもあります。

確かに、誰も「自分の空間」が必要ですが、「大家族」も悪くないですよね。



ブログランキングに参加しています。
クリックして応援お願いします!。

チエミの知恵袋

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

<< イリカイマリーナの売り物件 | ホーム | OMG >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム